初めての方へ|当ルームのカウンセリングについて

counseling-room

こちらでは、初めて当ルームをご覧いただいた方へ向けて、当ルームのカウンセリング内容などを解説します。

こんな方へ向けてカウンセリングを実施しています

当ルームはメールカウンセリング専門のカウンセリングルームです。

当ルームの提供するメールカウンセリングは、主に下記のような方へ向けて取り組んでいます。

  • 人間関係や仕事がうまくいかず生きづらさを感じている
  • HSPアダルトチルドレン発達障害といった特性に悩んでいる
  • 夫婦、恋人、親子、友人、同僚など身近な人との関係性に悩んでいる
  • しかし時間もなく、信頼できる知人も少なく、人と対面で話すのもあまり得意でない
  • そのため、なかなか人に相談することができない
  • でも、このままではいけないと思っている

こんな悩みを抱えていませんか?

当ルームでは、こんなお悩みを抱える方のお手伝いをします。

  • 他人の言動や周囲の刺激に過敏に反応してしまい疲れる、生きづらさを感じている
  • 身近な人との関係性が、過保護や共依存など良くないものになっているのではないかと不安を抱えている
  • 感情的になる自分が嫌い、感情をコントロールしたい
  • 過去のトラウマが忘れられず思うように生きられない
  • ネガティブな想像が頭を離れず、怖くて行動できない
  • 自分や人の考えていることがよくわからなくて不安
  • 自信が持てない、自分を大事にできない

原因は「思い込み」「考え方のクセ」かもしれません

悩みの原因は、これまでに培ってきた「思い込み」や「考え方のクセ」かもしれません。

例えば、親しい友人や恋人にメッセージを送ったときのことを考えてください。すぐに返事が返ってこない場合、あなたは次のどれに近い感情を抱くでしょうか。

  • 何か失礼なことをしてしまったのだろうか?
  • 相手はいま、機嫌が悪いのだろうか?
  • すぐに返事をくれないなんて失礼な人だ!

実際に起きた出来事は「メッセージがすぐに返ってこなかった」だけです。しかし人は、いつもより返信にかかる時間が長い、という少ない情報から憶測して、自分の考え方のクセに従って結論づけてしまう傾向があります。考え方のクセが極端なものになっていると結論も極端になり、人間関係や仕事などさまざまな場面でやりづらさや生きづらさを感じてしまいます。

当ルームのメールカウンセリングでは、こうした思い込みや考え方のクセに気づき、少しずつ矯正していくことを目指します。そうすることで、相談者様が抱える悩みを根本から取り除くことを試みます。

また、身近な人との関係に悩んでいる場合は、相談者様ご自身だけでなく、お相手の方が抱える問題や考え方のクセについて考えることも大切です。

当ルームの代表カウンセラーは、ADHD・HSP・アダルトチルドレンといった特性を持つ妻と日々話し合い続けてきた経験から、そのようなお悩みへの対応経験も豊富です。自分自身の生きづらさをなんとかしたいというお悩みはもちろん、身近な人を助けたいといったお悩みもぜひご相談ください

ご利用いただいた方の感想

メールだけなのにわたしの事を直ぐに理解していただき、的を得たアドバイスを頂けました。心から感謝しています。

丁寧なお返事ありがとうございます。
先生の優しさに涙が出ました。
一気に勇気が湧きました。
思い切ってメールして本当によかったです。

今後も市川様のコラムやブログを参考に拝見していきたいと思います、応援しています。私と同じように苦しむ 世の中の多くの方の助けとなり続けてください。

いままで、堪え性のない自分を責めて辛かったです。
転職を繰り返してしまったのも、性格じゃないんだと気持ちが楽になりました。

お話を聞いていただいてかなり心が軽くなっています。本当にありがとうございます。

相談に乗って頂き本当にありがとうございました。前向きな気持ちになれました。感謝しております。

※ご許可をいただいた方の感想のみ掲載しております。

当ルームで解決したい課題

真面目に生きてきた人が、生きづらさや息苦しさを感じる世界をなんとかしたい、というのが、私がカウンセラーとして解決したい根本的な課題です。

その背景には、生きづらさを抱える妻との出会いがありました。妻は幼少期からADHDの特性が見られ、HSPやアダルトチルドレンといった傾向も併せ持っています。彼女はそんな特性に加えて、幼少から厳しくしつけられた影響もあり、「もっと頑張らなければいけない」「うまくいかないのは自分の努力不足が原因だ」と強く自分を責めるようになりました。その結果、大人になってからうつ病や自殺未遂も経験したそうです。

私が彼女と出会ったのは、彼女がすでにひととおりの治療を受け、ひとりでなんとか暮らせるようになったあとでした。それでも一緒に暮らす中で、その頃の片鱗を垣間見ることが多くあります。

彼女と話していると、こんなに努力をして頑張って生きてきた彼女が、どうしてこんなに生きづらさを感じ、どうして自ら命を絶つほど追いつめられなければいけなかったのかと、静かな怒りや苛立ちを覚えることも一度や二度ではありません。

彼女に対して当時の私にできたことは、日々「生まれてきてくれてありがとう」「生きていてくれてありがとう」と伝えることくらいでした。それは言葉の通り、「戦場から無事生還してくれてありがとう」という感覚でした。

その後、カウンセラーとして勉強するうちに、彼女のように戦場で戦う人がたくさんいることを知りました。彼らが戦っているのは、世間からの偏見であったり、自分自身の中にある思い込みであったり、さまざまです。思い込みや偏見から完全に逃れることはできないかもしれません。しかし、それらを知り、認識して、軽減することはできます。

実際に妻の抱えていた悩みはずいぶん緩和され、以前は「子どもを産み育てる自信がない」と言っていた彼女が、自ら「子どもを育ててみたい」と話すようになりました。過去に絶望していた人でも、未来に希望を持てるようになるのだと確信しました。

妻と同じように悩まれている方に、一人でも多く希望を持ってもらえればと思い、メールカウンセリングを提供しております。この方法がベストかはまだわかりませんが、誰かの役に立てるよう試行錯誤し続ける所存です。

なお、自治体や非営利団体の主催する無料お悩み相談などもありますので、いきなりカウンセリングを利用するのはハードルが高いとお考えの方は、そうしたサービスの利用もご検討ください。もちろん、相談先として当ルームを選んでいただけた際は、精いっぱいのお手伝いをさせていただきます。

カウンセリングメニュー

メールカウンセリングのプランは下記の3つです。ご相談内容に応じて下記表より往復回数をお選びください。

お申し込みフォームはこちらです。

プラン往復回数料金(税込)
3往復プラン3往復9,000円(9,900円)
5往復プラン5往復13,500円(14,850円)
1か月定額プラン無制限20,000円(22,000円)
※往復プランの利用期限は最長6か月間です。
※定額プランの1か月は30日間で換算します。
※カウンセラーはメールを受け取ってから24時間以内に返信を行います。

そのほか、メールカウンセリングの詳細についてはこちらもあわせてご確認ください。